服用期間は1週間

the colorful pills

今まさにクラミジアの症状が出ているという人の中には、病院ではなく、個人輸入でクラビットを購入しようと考えている人も多いでしょう。
「クラミジアには何回か感染したことがあるからやり方は分かっている」という人もいるでしょう。「病院に行く時間がとれない」という人もいるでしょう。
結構です。そのような人たちのためにこそ、クラビットの個人輸入という方法があるのですから、大いに利用していきましょう。
ただし、個人輸入という方法では医師の説明を受けることができませんから、クラビットの服用方法については自分で押さえておく必要があります。
クラビット服用の基本的な目安は、「1日1回1週間」です。個人輸入で購入できるのはレボフロキサシンが250mg含まれている「クラビット250mg」ですが、1回で2錠を飲む必要があります。つまり「1日500mgを1週間続ける」という飲み方です。
この方法で服用を終えたあとは、クラビットがきちんと効いたかどうか、クラミジア菌を残らずやっつけることができたかどうかをチェックしましょう。
チェックするためには、そのための検査キットを使う必要があります。病院であれば最初の診察から1~2週間後、2度目の診察のときに検査をしてくれて結果を出してくれますが、個人輸入を利用する場合はそういうわけにはいきません。
そこで、自分で検査するために検査キットを購入するのです。簡単に尿をとって検査できるキットは、個人輸入サイトでも扱われています。