クラビットを飲む時

the tablets

「エッチした相手にクラミジアをもらった!」それが発覚したとき、まずすべきことは何でしょうか。相手を問いつめること?絶望すること?
いいえ、もちろん、もし相手が恋人や女友達である場合にはしっかり告げる必要がありますが、それと並行してすぐクラビットの服用を始める必要があります。
クラビットを飲み始めるのが早ければ、その分だけ早くクラミジア菌を体内から消し去ることができ、病気を治すことができます。

性行為をしたあと、3日間から7日間の潜伏期間を経て、クラミジア菌は活発に活動を始めます。
性器に違和感がある。おしっこをするときにイヤな感じがある。痛い。(女性の場合は)不正出血がある、オリモノが急にたくさん出るようになる……。
このような症状が出た場合は十中八九、クラミジアに感染していると考えて間違いありません。何しろクラミジアは「10人に1人」といわれるくらい感染者がたくさんいる性感染症です。感染の可能性は非常に高いわけです。
クラミジアに感染している状態を放っておくと精巣や卵巣にまで被害が及んで不妊になってしまうことがありますし、HIVの感染率もハネ上がるといわれています。
すぐにクラビットを手に入れて、治してしまいましょう。

クラビットは、病院で処方してもらうか通販で購入するか、ふたつの方法で入手できます。
病院では簡単な検査でクラミジアの有無を確認したあと、すぐ処方箋を書いてもらえます。
一方通販は、正確には「個人輸入」です。医師の処方箋を出さなくても買える外国製のクラビットを販売している通販サイトを利用して、薬を入手するのです。
普通にネットで買い物をする感覚で購入できるので、便利です。