レボフロキサシンが効く

the blister packs

抗生物質という種類の医薬品があります。さまざまな名称の薬がありますが、これは細菌によって引き起こされる病気の治療薬です。
細菌を殺し、症状を消し去って健康をもたらしてくれます。結核菌に対して目覚ましい効果を発揮したペニシリンをきっかけに抗生物質の研究がすすめられ、クラリスやジスロマック、そしてクラビットなどさまざまな薬が登場しています。
中でもクラビットは、主成分レボフロキサシンが幅広い種類の細菌に対して抗菌作用を持つ抗生物質として知られています。
レボフロキサシンは、細胞が細胞分裂で増殖するのを防いで、細菌を全滅させます。細胞分裂ができず、数を増やすことができなくなった細菌は自然に1匹ずつ死んでいき、最終的にはその数がゼロになるのです。
レボフロキサシンがこのような効果を発揮する相手は、クラミジア菌だけにとどまりません。上に書いたように幅広い細菌に対する抗菌作用を持っていて、泌尿器科や性病科だけでなく、耳鼻科や皮膚科でも治療薬として処方されることがあります。
中耳炎や皮膚炎なども治療することができるのです。アクネ菌に対する抗菌作用も持っているので、ひどいニキビに悩まされている人のための治療薬としても使われています。医療業界では、かなり使い勝手のいい薬であるとされているのです。
ただし、クラミジア治療のためにクラビットを病院で処方されたとき、必ず飲みきったあとで再び病院に行って検査してもらう必要があります。
クラビットがちゃんとクラミジア菌を退治できたかどうかチェックする必要があるのです。細菌が生き残ってしまうとクラビットに対する耐性を持ったひとまわり強い菌(耐性菌)になって、病状が深刻になる場合もあります。