yellow shirt woman drinking pill

クラビットを飲む時

the tablets

クラミジアに感染していることがわかったならすぐにでも飲むべき抗生物質クラビット。具体的にはどんな症状が出たときに飲むべきなのでしょうか?そして、薬はどこで入手できるのでしょうか?

Read more

レボフロキサシンが効く

the blister packs

クラビットの主成分はレボフロキサシン。この成分はクラミジア菌だけでなくその他さまざまな細菌に対して効果を発揮します。泌尿器科だけでなく、耳鼻科や皮膚科でも治療薬となっています。

Read more

性病クラミジアの治療薬

the girl drink drugs

ある研究チームが調査した結果、「日本では10人に1人が感染している」などというトンデモなデータが出たという逸話がある性感染症のクラミジア。
「性の乱れ」がきわまっている現代日本が抱える根深い病のひとつとして、医療業界でも教育業界でも(10代の感染者も少なくないのです)憂慮されています。
クラミジアは、クラミジア菌という病原菌が性的な粘膜接触によってある人から別の人へ感染して広まっていく感染症です。

「性的な粘膜接触」は男性器を女性器に挿入する行為だけにとどまらず、たとえば口や舌を使ったオーラルセックスも含みます。
「恋人はいない、性行為はフェラチオだけの風俗でしか経験していない」
そんな男性も、充分クラミジア感染の可能性があります。
男性器に違和感を覚えませんか?ムズムズする感じがありませんか。トイレに立っておしっこをするとき、痛みませんか?
それらは、クラミジアの代表的な症状です。
女性の場合も警戒しなければならない点では同じで、オリモノの急な増加や不正出血などは、クラミジア感染を疑うべき症状です。

このように、クラミジアはタチの悪い、油断ならない病気のひとつですが、一方で治療方法が確立されているので過剰に恐れる必要はない病気としても知られています。クラミジアに対しては有効な抗生物質(細菌を殺す薬)がいくつもあって、特にクラビットはクラミジア治療薬の代表格としてよく使われています。
つまり、クラビットを飲めばちゃんと治すことができるのです。クラミジアは性行為を経験したことがある、今まさに自由奔放に楽しんでいる、という人にとっては他人事ではない病気です。今日、明日感染するかもしれないし、もしかしたら昨日、あるいは1週間前、1年前に感染している可能性だってあります。
しかしそんな人でも、クラビットを飲めば治療できます。病院や薬の個人輸入サイトなど、さまざまな方法で入手できるので、ぜひ対処していきましょう。

服用期間は1週間

the colorful pills

クラミジアを治療するためのクラビットの服用、目安は1日1回1週間です。病院ではなく個人輸入を利用するときは、服用後に完治できたかチェックするための検査キットも購入しましょう。

Read more